科学技術館でうるの氏トークショーとクォーク・カード・ディーラーが開催される

2013年12月09日

2013年12月9日

2013年12月1日(日)に日本科学技術振興財団・科学技術館カソクキッズ原作者である、うるの拓也氏トークショー「ムズカシイ素粒子をマンガ、ゲームで楽しく伝えるには?」と、量子色力学カードゲーム『クォーク・カード・ディーラー』が開催されました。トークショーに15名、クォーク・カード・ディーラーには111名が参加し、会場は家族連れなどで賑わいました。

クォーク・カード・ディーラーはクォークカードを組み合わせ、陽子や中性子などのバリオンカードやメソンカードをゲットするカードゲームです。始める前は難しそうと敬遠気味のお母さんも、カードをすべてそろえる「コンプリート」を成し遂げて笑顔で会場を後にしました。

うるの氏はカソクキッズの原作の他に、クォーク・カード・ディーラーのキャラクターデザインも手がけています。トークショーは科学技術館嘱託職員でKEK協力研究員でもある泉田賢一氏との対談形式でおこなわれました。うるの氏はカソクキッズを始めたきっかけや、『クォーク・カード・ディーラー』の初期バージョンはカソクキッズのキャラクターを使っていたことなどを笑いを交えながら話し、「自分は中学2年生の時に理科でつまずいた。カソクキッズはそのころの自分のために描いてます。科学は分からなくていい。科学を遊ぼう!」と呼びかけました。

これらのイベントは科学技術館主催、計算基礎科学連携拠点(JICFuS・ジクファス)共催で行われました。KEKはクォーク・カード・ディーラーを開発したJICFuSの一員です。JICFuSではクォーク・カード・ディーラーの印刷用データを公開しています。

クォークの説明をするKEK研究員の上田悟氏

泉田賢一氏(左)とうるの拓也氏(右)

うるの拓也氏のトークショーの様子

関連記事

2013.11.15 イベント
うるの氏トークショーとクォーク・カード・ディーラー開催のご案内

関連サイト

公益財団法人 日本科学技術振興財団・科学技術館
計算基礎科学連携拠点
カソクキッズ
量子色力学カードゲーム『クォーク・カード・ディーラー(Quark Card Dealer)』