うるの氏トークショーとクォーク・カード・ディーラー開催のご案内

2013年11月15日

2013年11月15日

計算基礎科学連携拠点(JICFuS・ジクファス)は12月1日に日本科学技術振興財団・科学技術館(千代田区北の丸公園2-1)にて、量子色力学カードゲーム『クォーク・カード・ディーラー(QCD)』と、うるの拓也氏トークショーを開催します。

JICFuSは素粒子・原子核・宇宙の謎をスーパーコンピュータによる大型シミレーションで研究する全国的な拠点で、KEKは構成機関の一つです。JICFuSが開発したクォーク・カード・ディーラーで目に見えない素粒子クォークの性質を遊びながら学びましょう。イベントにはKEKの研究者も参加します。研究者と一緒にクォークから粒子を作り出そう!

うるの拓也氏はKEKが監修するカソクキッズの作者であり、『クォーク・カード・ディーラー(QCD)』のキャラクターデザインも手がけています。大人でもむずかしい...と言いたくなる素粒子をマンガやゲームで伝える努力や、そもそも始めるきっかけは?といった製作秘話などをうかがいます。

クォークカードゲーム体験会 ―遊んで集めてレアカードを持って帰ろう―

日時: 2013年12月1日(日)午前の部10:00~12:00 午後の部14:30~16:00
上記時間内であればいつでも参加いただけます。
場所: 科学技術館 4階D室イベントホール
対象: 小学校1年生以上(大人のみも可)
参加費: 無料(別途科学技術館への入館料が必要となります)

うるの拓也氏トークショー「ムズカシイ素粒子をマンガ、ゲームで楽しく伝えるには?」

日時: 2013年12月1日(日)13:00~14:30
場所: 科学技術館 4階D室イベントホール
対象: 小学校1年生以上
参加費: 無料(別途科学技術館への入館料が必要となります)

主催:公益財団法人 日本科学技術振興財団・科学技術館
共催:計算基礎科学連携拠点