大学共同利用機関シンポジウム2013
「万物は流転する -因果と時間-」を開催

2013年11月11日 プレスリリース

2013年11月11日

報道関係者各位

大学共同利用機関協議会

大学共同利用機関法人人間文化研究機構(NIHU)、自然科学研究機構(NINS)、高エネルギー加速器研究機構(KEK)、情報・システム研究機構(ROIS)を構成する19の大学共同利用機関等と独立行政法人宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(ISAS)は、国立大学法人総合研究大学院大学と合同で大学共同利用機関シンポジウム2013「万物は流転する-因果と時間」を開催します。

本シンポジウムは、大学共同利用機関法人に所属する各研究機関が「知の拠点群」として果たしている研究の現状、研究の推進により拓く科学の広大なフロンティアとして果たす役割について紹介する、講演及びブース展示です。

1. 開催概要

(1)日 時 : 平成25年11月16日(土) 12:00-17:00
(2)場 所 : 東京国際フォーラム ホールB7  東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
(3)参加費用 : 無料
(4)参加申込 : 申込不要
(5)主 催 : 大学共同利用機関協議会

2. プログラム

12:00-13:00 受付/各研究機関等のブース展示 開始
13:00-13:10 開会挨拶
13:10-13:15 来賓挨拶
13:15-13:55 講演1 多田 将(素粒子原子核研究所 助教)演題:「ニュートリノ振動実験」
13:55-14:35 講演2 間野 修平(統計数理研究所 准教授)演題:「時間をさかのぼる推理」
14:35-15:20 休憩/各研究機関等のブース展示
15:20-16:00 講演3 武井 協三(国文学研究資料館 名誉教授)演題:「『曽根崎心中』の因果応報」
16:00-16:40 講演4 伊藤 公孝(核融合科学研究所 教授)演題:「法則と予測」
16:40-17:00 閉会挨拶

大学共同利用機関協議会 所属機関

【大学共同利用機関法人 人間文化研究機構】
 国立歴史民俗博物館/国文学研究資料館/国立国語研究所/国際日本文化研究センター/
 総合地球環境学研究所/国立民族学博物館
【大学共同利用機関法人 自然科学研究機構】
 国立天文台/核融合科学研究所/基礎生物学研究所/生理学研究所/分子科学研究所
【大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構】
 素粒子原子核研究所/物質構造科学研究所/加速器研究施設 /共通基盤研究施設
【大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構】
 国立極地研究所/国立情報学研究所/統計数理研究所/国立遺伝学研究所
【独立行政法人 宇宙航空研究開発機構】
 宇宙科学研究所
【国立大学法人 総合研究大学院大学(オブザーバー)】

【本件に関する問い合わせ先】

大学共同利用機関協議会 広報ワーキンググループ事務局
(人間文化研究機構 国文学研究資料館)
〒190-0014 東京都立川市緑町10-3
<span class="caps"><span class="caps"><span class="caps">TEL:050-5533-2906
E-mail:so-mu@nijl.ac.jp

関連サイト

大学共同利用機関シンポジウム2013
大学共同利用機関とは
人間文化研究機構
自然科学研究機構
高エネルギー加速器研究機構
情報・システム研究機構
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所
総合研究大学院大学