2013年08月21日

高エネルギー加速器研究機構(KEK)つくば施設の安全管理に対する改善計画(案)について

2013年8月21日

5月23日に発生しました大強度陽子加速器施設J-PARCのハドロン実験施設における放射性物質漏えい事故では、近隣住民の皆様そして国民の皆様に対して大変なご心配と不安を与え、関係する官公庁、地方自治体の皆様、研究コミュニティの皆様に大きなご迷惑をおかけしましたことを、改めて深くお詫び申し上げます。

J-PARCにつきましては、これを共同で運営する日本原子力研究開発機構と協力し、事故の原因究明と再発防止策等の検討を進めるなか、原子力規制庁や茨城県等地方自治体への報告を行い、並行して「J-PARCハドロン実験施設の事故検証に係わる有識者会議」での審議を重ねて頂いているところです。

一方、KEKはつくばキャンパス内の施設においても加速器を使った事業を展開しており、こちらの安全管理体制及び緊急時に実施すべき手順等についても、再確認と評価を行っております。これまで、つくばキャンパスではJ-PARCでの事故のようなトラブルが発生したことはありませんが、KEKはこれを契機に安全文化の醸成のための取り組みなどについて第三者からの意見をいただくため、機構長の下に機構外の有識者により構成される「高エネルギー加速器研究機機構つくば施設の安全管理体制評価・改善に関する諮問委員会」(つくば施設安全管理諮問委員会)を6月に設置致しました。このたび 、7月31日にこのつくば施設安全管理諮問委員会による中間報告を受領し、文部科学省に報告致しましたので、その内容をここに掲示致します。

同時に、KEKでは、つくば施設安全管理諮問委員会による審議の途上で得られた指摘事項を踏まえつつ、施設の安全管理に対する改善計画の策定を行い、「高エネルギー加速器研究機構つくば施設の安全管理に対する改善計画」中間報告(案)を取りまとめました。

つくば施設の安全管理については、改善計画の実施詳細の詰めを急ぎ、J-PARCにおけるより強固な安全体制については、日本原子力研究開発機構との協力のもと一刻も早くこれを構築し、近隣住民の皆様をはじめ国民の皆様のご理解が得られるよう、機構を挙げて取り組んで参ります。

高エネルギー加速器研究機構 機構長 鈴木厚人


資料1. 高エネルギー加速器研究機構つくば施設の安全管理体制評価・改善に関する諮問委員会 中間報告
資料2. 総点検シート(KEKが作成、つくば施設安全管理諮問委員会の審議に付したものです)
資料3. 高エネルギー加速器研究機構つくば施設の安全管理に対する改善計画中間報告(案)

参考リンク

J-PARCハドロン実験施設事故関連情報 /ja/NewsRoom/2013AccidentAtJPARC/