芝浦工業大学柏中学校の生徒2名、KEKで職場体験

2013年03月01日

2013年3月1日

2月14日(木)、芝浦工業大学柏中学校の2年生2名が、職場体験のためKEKを訪れました。

Belle測定器の見学の様子生徒たちは午前中、コミュニケーションプラザにて機構紹介ビデオの視聴や展示物の見学をし、KEKで行われている研究活動の概要を学びました。また、3号館展望室からKEKの敷地を一望し、加速器の大きさを肌で感じました。その後は職員から大学共同利用機関やKEKとは何か、そして職員がどのような仕事に従事しているか、実際のオフィスを見学しつつ職務内容の説明をうけ、職場の雰囲気を体験しました。

午後は、アップグレード中のBelle測定器や放射光科学研究施設を見学し、どのような装置があるのか、実験施設の中はどのようになっているのかを実際に見学しながら学びました。
参加した生徒は、将来は研究者・技術者になりたいとのこと。プログラムが終わった後には「漠然としたイメージだったが、今回の職場体験でイメージが固まった気がする」と感想を述べていました。

※ 職場体験とは
職場体験は、文部科学省の推進のもと行われている学習活動です。生徒が直接働く人と接することで、学ぶことや働くことの意義や生きることの尊さを実感し、生徒が主体的に進路を選択決定する態度や意志、意欲など培うことを目指しています。

関連サイト

KEK職場体験
文部科学省中学校職場体験ガイド

関連記事

2012.08.31 トピックス
春日学園の生徒6名、KEKで職場体験
20120.07.18 トピックス
大穂中学校の生徒4名、KEKで職場体験