2012年09月28日

「環境報告2012」の公開について

2012年9月28日

KEKは「環境情報の提供の促進等による特定事業者の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律(環境配慮促進法)」に基づき、「環境報告2012」を作成しました。つくばキャンパスならびに東海キャンパスにおいて、KEKが大型の粒子加速器を建設・運転し、国内外の共同利用者に研究の場を提供するという使命を果たす中で、地球環境保全の大切さを認識し、持続可能な社会の創造のため取り組んでいる活動の内容を記載しました。職員、共同利用者、学生、関連企業、地域住民の方々など幅広い層の方々に KEKの活動をご理解いただけるよう作成しています。

本報告書では、2011年度のKEKの活動を広くステークホルダーの皆様に知っていただくため、「KEK 2011」の項目を新たに設け、研究ハイライトや震災復旧活動、原発事故に対するKEKの取り組みを、更に、環境活動とその結果だけでなく、社会との関わりや経済活動に関する情報を掲載致しました。また、大学等環境安全協議会の常任理事を務めておられた東京大学環境安全研究センターの新井充先生にいただいた第三者評価も掲載させていただいております。

報告書は環境報告書のページからダウンロードしていただけます。また、読者アンケートの実施も行っておりますので、是非、ご意見・ご感想をお寄せください。