2012年09月28日

高エネルギー加速器セミナー OHO'12開催

2012年9月28日

9月4日(火)から9月7日(金)にかけて、「高エネルギー加速器セミナー OHO'12」がKEKで開催されました。同セミナーは若手研究者の育成や、企業の研究者の加速器科学への理解を深めることを目的として、1984年以来毎年開催されているものです。

今年のセミナーには大学や企業などを含めて約80名の参加がありました。今年のテーマは「加速器の基礎と医療応用 ~医療のための加速器~」。加速器応用の重要な分野である医療用加速器を、重イオンビーム、陽子ビーム、中性子ビームおよび電子ビーム(X線)に分類し、それぞれの医療の特徴と現状、加速器技術の紹介と課題が専門家によって解説されました。

講義では、「普及型小型炭素加速器システム」、「陽子ビーム医療応用」、「ホウ素中性子補足療法(BNCT)」、さらには動体追尾・画像誘導放射線治療装置VERO(ベロ:イタリア語で「真実」の意味の装置の商標)用電子リニアック開発の実例や、コヒーレント単色X線の医療応用などが紹介されました。加速器の基礎講義として単粒子ビーム力学では加速器内の荷電粒子の運動の取り扱いが、また粒子加速器の主要な技術として高周波加速の基礎が、さらに放射線医療で重要な遮蔽を考えるために、遮蔽を扱う最新のシミュレーションとその計算例の講義が行われました。特別講義では松村明・筑波大学付属病院副病院長による放射線医療現場を背景にした講演がありました。

本講義で使われたテキストは、こちらから御覧になることができます。

関連サイト

高エネルギー加速器セミナー OHO

関連記事

2011.09.15 トピックス
高エネルギー加速器セミナー OHO'11開催
2010.09.08 トピックス
高エネルギー加速器セミナー OHO'10開催
2009.09.17 トピックス
高エネルギー加速器セミナー OHO'09開催
2008.09.09 トピックス
高エネルギー加速器セミナー OHO'08開催
2005.08.15 トピックス
OHO'05 高エネルギー加速器セミナーのお知らせ