総合研究大学院大学 説明会開催のお知らせ

2012年06月08日

2012年6月8日

総合研究大学院大学(総研大)は、大学共同利用機関が有する優れた人材と研究環境を活用して博士課程の教育を行い一流の研究者を養成する、という世界でも類例のないコンセプトのもとに昭和63年10月に設立された高等教育機関です。

総研大の高エネルギー加速器科学研究科は、加速器科学専攻・物質構造科学専攻・素粒子原子核専攻からなりKEKが基盤機関となっています。

総研大では、下記の日程で、総研大を志望される方を対象に、高エネルギー加速器科学研究科や全国の大学からの講師による、各専攻の案内・研究内容等について紹介する大学院説明会を開催します。講演終了後には、相談会も開催致しますので、ご興味のある方はぜひお気軽にお越しください。

■第1回 博多 6月9日(土)午後1時~午後5時
場所:TKPガーデンシティ博多 サットンホテル博多シティ5階 高千穂
講演内容:
「リニアコライダーで実験しよう」 杉山 晃(佐賀大 教授)    
「リニアコライダー、その開発現場から」 藤本 順平(KEK素粒子原子核研究所 研究機関講師) 

■第2回 大阪 6月16日(土)午後1時~午後5時
場所:梅田スカイビル 22階会議室D
講演内容:
「宇宙のダークエネルギー」 郡 和範(KEK素粒子原子核研究所 助教)  
「ヒッグス粒子は神の粒子か?」 藤本 順平(KEK素粒子原子核研究所 研究機関講師) 

■第3回 東京 6月23日(土)午後1時~午後5時
場所:秋葉原コンベンションホール カンファレンスフロア5B
講演内容:
「謎の粒子ニュートリノ」 小林 隆(KEK素粒子原子核研究所 教授) 
「宇宙のダークエネルギー」 郡 和範(KEK素粒子原子核研究所 助教) 

関連サイト

総合研究大学院大学 高エネルギー加速器研究科
2012年度大学院説明会の開催のお知らせ