第25回ニュートリノ・宇宙物理国際会議(NEUTRINO2012)開催について(ご案内)

2012年06月01日 プレスリリース

平成24年6月1日

報道関係者各位

第25回ニュートリノ・宇宙物理国際会議 組織委員会
委員長 京都大学大学院理学研究科教授 中家剛
副委員長 東京大学宇宙線研究所教授 中畑雅行
副委員長 高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所教授 小林隆

来る6月3日~9日の7日間、京都で標記国際会議を開催いたします。本会議は、ニュートリノ物理分野における最も権威のある世界最大の国際会議であり、前回日本(高山市)で開催された1998年には、スーパーカミオカンデによるニュートリノ質量の発見が世界で初めて報告されました。今回の会議では、フランスのDouble Chooz実験、中国大亜湾(Daya Bay)実験、韓国RENO実験でのニュートリノ振動の測定、昨年9月に発表された超光速ニュートリノに関する検証実験等の海外での状況に関する報告が予定されています。また、大強度陽子加速器施設J-PARCとスーパーカミオカンデ測定器を使った長基線ニュートリノ振動実験T2K、カムランド実験でのニュートリノを伴わない2重β崩壊の探索など、日本で実施されている国際共同研究から数多くの新しい結果が報告されることが予定されています。将来のニュートリノ物理学、宇宙物理学、素粒子物理学の方向を決定する非常に重要な会議になると期待されます。6月3日には、小柴昌俊東京大学特別栄誉教授による市民公開講座も予定しています。

開催期間中、特別な記者会見等は予定しておりませんが、6月3日~9日の各講演の取材は可能です。また、プレスの方向けの解説、質疑応答の時間を設定しておりますので、取材ご希望の場合には下記の要領でお願いいたします。

●会議Webページ: http://neu2012.kek.jp/
●講演プログラム: http://neu2012.kek.jp/neu2012/img/scientific_program.pdf
●開催場所: 京都府民総合交流プラザ内「京都テルサ」(http://www.kyoto-terrsa.or.jp/)
住所 京都市南区東九条下殿田町70番地
●講演取材: 講演会場(TERRSAホール)に入場し撮影等取材をご希望される方は、セッションの始まる10分までに事務局にお越しください。
●プレス向け解説と質疑応答:
           日時: 6月5日(火)   10:45~11:15 のコーヒーブレーク
同    13:00~13:30 のランチタイム
6月8日(金)   10:40~11:10 のコーヒーブレーク
           場所: 当日、組織委員会事務局にてご案内いたします。


※参加希望の方は、前日までに下記の「事前問合せ先」に、Eメールにてご連絡くださるようご協力をお願いいたします。

●事前問合せ先   :高エネルギー加速器研究機構 広報室
   TEL:029-879-6047 E-mail: press@kek.jp
●開催期間中現地問合せ先:NEUTRINO2012 組織委員会事務局
   TEL:080-3115-0310 部屋:京都テルサ 2階 研修室