2011年08月11日

花咲かホルモン(フロリゲン)の受容体を発見、立体構造を明らかに

2011年8月11日

奈良先端科学技術大学院大学の島本功教授、田岡健一郎助教、大木出助教、辻寛之助教、大阪大学蛋白質研究所の児嶋長次郎准教授らは、花を咲かせる植物のホルモン「フロリゲン」の受容体を世界で初めて発見しました。

image

フロリゲンが花形成遺伝子を活性するしくみ(模式図)
画像提供:奈良先端大/阪大

image

フロリゲンとフロリゲン受容体の構造
画像提供:奈良先端大/阪大

花咲かホルモン(フロリゲン)は、植物が日長や気温などの環境の変化の刺激を受けて葉で作られ、その後に花を作る組織である茎の先端部に移動して花を咲か せるホルモンです。2007年、島本教授らによるフロリゲンの正体の発見に続き、今回、その受容体のタンパク質を世界で初めて発見しました。そしてフロリ ゲンと受容体を含む複合体の立体構造を、KEKフォトンファクトリーのBL-5A, 17A, NW12AおよびSPring-8を用いて解明し、フロリゲンが花を咲かせるしくみを解き明かしました。また、フロリゲンと受容体との結合強度を変えるこ とにより、花を咲かせる時期を変化させることにも成功しました。この成果により、自在に植物の花を咲かせる技術の可能性が拓け、穀類や果実の増収や、バイ オ燃料作物の生産技術への波及効果が期待できます。 この成果は、2011年8月1日に、英国の学術誌Natureにオンライン掲載されました。