高エネルギー加速器セミナー OHO'10開催

2010年09月08日 トピックス

2010年9月8日

image

今年のセミナーには大学や企業などを含めて約45名の参加がありました。

今年も8月31日(火)から9月3日(金)にかけて、『高エネルギー加速器セミナー OHO'10』がKEKで開催されました。同セミナーは若手研究者の育成や、企業の研究者の加速器科学への理解を深めることを目的として、1984年以来毎年開催されているものです。

今年のテーマは「大電流ビームを作る ~J-PARCのビームコミッショニング~」というものでした。講義はJ-PARC加速器の特徴や現在までに到達している性能などについての導入と、単粒子力学、空間電荷効果、シンクロトロンのRF調整、ビームの不安定性の理論といった大強度陽子リングのビーム力学入門の講義から始まりました。また、ビームモニター、ビームの入射と取り出し、磁石と真空系や、大電流イオンリニアックとRFQ(Radio Frequency Quadrupole)などの基礎についての講義も行われました。本講義で使われたテキストは、http://accwww2.kek.jp/oho/OHOtxt3.htmlで御覧になることができます。