ニュートリノモニター

大強度陽子加速器施設(J-PARC)で生成された直後のニュートリノビームの安定性やエネルギー分布を測定しています。

概要

J-PARCニュートリノビームラインで生成された直後のニュートリノの特性、特にニュートリノ強度・角度の安定性、ニュートリノエネルギースペクトル、ニュートリノビーム組成を精度良く測定し、東海‐神岡長基線ニュートリノ実験(T2K実験)に欠かせない情報を測定する研究施設です。 ニュートリノモニターはオンアクシス検出器とオフアクシス検出器の2種類により成り立っています。

関連ページ