cERL

コンパクトERL(cERL)は2012年度末に3500万電子ボルト(35MeV)、10ミリアンペアでの運転を目指し、建設が進められています。

4-7.jpgコンパクトERL概念図

概要

次世代の放射光ERLの実現には、開発しなければならない技術がたくさんあります。そのためにKEKでは小型のcERLの開発に着手しています。X線領域の光を発するには30億電子ボルト(3GeV)クラスのエネルギーが必要ですが、cERLは3500万電子ボルト(35MeV)から2億電子ボルト(200MeV)程度のエネルギーの加速器です。