B-Lab

B-Lab(ビー・ラボ)は、高校生を対象にした素粒子発見プログラムです。KEKB加速器を使った実験で収集されたデータの一部を、インターネットを通じて主に高校の科学部などに公開。このデータを使って「素粒子探索」を行うプログラムです。

このプログラムから、すでに2種類の珍しい粒子が高校生たちの手によって再発見されています。詳しくはこちらをご覧下さい。