「弱値・弱測定、エンタングルメント、量子コヒーレンスの新地平」研究会

  • 分類 KEKが主催・共催する研究会など
  • 開始 2018/02/21(水)09:15
  • 終了 2018/02/22(木)16:50
  • 会場 研究本館 小林ホール
  • 講演タイトル
  • 講演者
  • 言語 日本語/Japanese
  • 連絡先 筒井(izumi.tsutsui-AT-kek.jp)
  • ウェブサイトhttp://www-conf.kek.jp/qmnh2018/index.html
  • 食堂・売店 利用予定あり/40

概要

近年、従来より知られる量子力学の基礎に新たな視点が提案され、それが物理学から量子情報に至る分野に広く波及して、基礎と応用の両面から注目されつつあります。本研究会では、そのうち新たな量子物理量・測定法として登場した弱値・弱測定、非古典的な量子相関の根幹をなすエンタングルメント、そしてあらゆる量子現象の背後にある量子コヒーレンスの物理に関して、各々の専門家を講師に招き、これらの話題の基礎と最新の進展について、分野外の方々にもわかりやすい形で討議する場を提供します。素粒子・原子核から宇宙、物性に至るあらゆる分野で量子力学を共通言語としている物理学が、これまでの分野の垣根を越えて、今後、これらの新しい研究の種をどのように育て、発展させて行くかを考える好機となりますので、若い研究者を含め、多くの興味をお持ちの方々のご参加をお待ちしています。