SuperKEKBにおけるTurn by turn モニターを用いた Head tail damping の解析と横方向インピーダンスの評価

  • 分類 加速器物理セミナー
  • 開始 2017/02/17(金)13:30
  • 終了 2017/02/17(金)15:00
  • 会場 2号館1階会議室中
  • 講演タイトル
  • 講演者 黒尾 奈未氏 (筑波大学、数理物質科学研究科)
  • 言語 日本語/Japanese
  • 連絡先 大見 和史 (PHS 4413)
  • ウェブサイト
  • 食堂・売店 利用予定なし/0

概要

SuperKEKBプロジェクトのPhase1では、蓄積リングとしてのパフォーマンステストが行われた。ビーム安定性のために、リングのインピーダンを理解しておくことは重要である。インピーダンス測定の一環としてTurn by turnモニターを用いたHead Tail Dampingの測定が行われた。キッカーによりベータトロン振動を励起しその減衰を測定した。HER,LERともに電流、クロマティシティを変え、振幅の減衰率から横方向インピーダンス(実部)を評価した。また電流依存のチューンシフトからもインピーダンス(虚部)が評価された。両方の測定をあわせて見つつ、現状のSuperKEKBでの横方向インピーダンス、Wakeについて報告する。