物構研談話会(16-6)・加速器セミナー 合同開催

  • 分類 物構研談話会
  • 開始 2017/02/17(金)13:30
  • 終了 2017/02/17(金)15:00
  • 会場 J-PARC中央制御棟打合せ室(メイン会場)・つくばキャンパス4号館2階輪講室1(テレビ会議)
  • 講演タイトル 「ファインメットとは何か」 ―アモルファス合金の結晶化を利用した微細組織制御とナノ結晶軟磁性材料の磁気特性・応用―
  • 講演者 吉沢 克仁氏 (国立研究開発法人 物質・材料研究機構 磁性・スピントロニクス材料研究拠点)
  • 言語 日本語/Japanese
  • 連絡先 naomi.nagata@kek.jp
  • ウェブサイト
  • 食堂・売店 利用予定なし/0

概要

ナノ結晶軟磁性材料「ファインメット」は、従来の結晶質軟磁性材料の粒径が小さくなるほど軟磁気特性は劣化するという常識を覆し、高い磁気特性を実現した材料です。ファインメットは自動車やノイズ関連、電源関連、通信関連等の幅広い分野で使われていますが、とりわけJ-PARCではRCS、MRともに加速空洞の磁性体コアとして用いられ、他の材料では実現不可能な高い性能達成のカギとなりました。ファインメットなしにコンパクトな3GeV RCSの実現やMRの大強度運転は不可能でした。ファインメットはJ-PARCのみならずCERNや他の加速器での利用も進んでいます。今回の談話会・セミナーではファインメットの開発者吉沢氏に軟磁性材料の入門からナノ結晶材料の磁気特性・応用について講演していただきます。