物構研コロキウム

  • 分類 物構研コロキウム
  • 開始 2016/10/25(火)10:30
  • 終了 2016/10/25(火)11:30
  • 会場 4号館2階輪講室1+2(主会場)/東海1号館314室(テレビ会議)
  • 講演タイトル UVSORの国際共同から見る軟X線光源の世界動向
  • 講演者 小杉信博先生(分子研 UVSOR施設長兼研究総主幹)
  • 言語 日本語/Japanese
  • 連絡先 naomi.nagata@kek.jp
  • ウェブサイト
  • 食堂・売店 利用予定なし/0

概要

1983年完成のUVSORは約20年目(2004年)と約30年目(2012年)に高度化を行い、現在、UVSOR-IIIと呼ぶ高輝度リングにおいて、3台のVUV可変偏光アンジュレータと3台の軟X線真空封止アンジュレータのビームラインを重点整備し、8台の偏向電磁石ビームラインを含めて共同研究・共同利用を展開している。中国、台湾、韓国のみならず、欧米の先端的な軟X線光源であるBESSY-IIやALSの施設内スタッフを含む研究者による利用も増えつつある。これらの国際共同にも見られるUVSORでのサイエンスの特徴と考え方を紹介する。また、国際共同を通して見た軟X線光源の世界動向にも触れる。