物理セミナー/Physics seminar

  • 分類 物理セミナー
  • 開始 2016/08/05(金)15:00
  • 終了 2016/08/05(金)16:00
  • 会場 3号館1Fセミナーホール (MCU624)、東海1号館116号室(TV会議接続)、J-PARC研究棟1F会議室(TV会議接続) / Tsukuba Campus 3rd Bldg. (3-go-kan) 1F Seminar Hall (MCU624), Tokai Campus Bldg. No. 1 (1-go-kan) Room 116 (video conference), J-PARC Research Bldg. 1F meeting room (video conference)
  • 講演タイトル 反ニュートリノでの測定を開始したT2K実験の最新結果 / Latest results of the T2K experiment using the first anti-neutrino data-set
  • 講演者 市川 温子 (京都大学大学院 理学研究科) / Atsuko Ichikawa (Graduate School of Science, Kyoto University)
  • 言語 日本語/Japanese
  • 連絡先 hideki.miyake@kek.jp (4896), osamu.tajima@kek.jp
  • ウェブサイトhttps://www2.kek.jp/physics-seminar/
  • 食堂・売店 利用予定なし/0

概要

大強度陽子加速器施設J-PARCで行なわれているT2K実験では、2009年から2013年までのデータを用いてJ-PARCで生成されたミューオンニュートリノがスーパーカミオカンデで電子ニュートリノとして観測される電子ニュートリノ出現を発見した。2014年より、CP対称性の破れの発見に向けて、反ニュートリノ・ビームを用いた測定が行われている。このセミナーでは、今年の5月27日までに取得された全データを用いたCP位相の測定やCPTテストなど最新の結果を報告する。

The T2K experiment at the J-PARC high intensity proton accelerator facility observed electron neutrino appearance at Super-Kamiokande from a muon neutrino beam produced at J-PARC using data taken between 2009 and 2013. From 2014, the T2K experiment began the search for CP violation using an anti-neutrino beam. In this seminar, the latest results of the CP-phase measurement, CPT test, etc. by T2K using all data taken until May. 27th 2016 will be reported.