測定器開発室セミナー/中野佑樹氏

  • 分類 測定器開発室セミナー
  • 開始 2015/08/24(月)15:00
  • 終了 2015/08/24(月)16:30
  • 会場 4号館3階輪講室2
  • 講演タイトル スーパーカミオカンデにおけるラドン濃度測定技術の開発
  • 講演者 中野佑樹氏(東大宇宙線研、ICRR)
  • 言語 日本語/Japanese
  • 連絡先 mibe@post.kek.jp
  • ウェブサイトhttp://rd.kek.jp/seminar_01.html
  • 食堂・売店 利用予定なし/0

概要

スーパーカミオカンデ(SK)を用いた太陽ニュートリノ事象の解析閾値を下げるため、バックグラウンドの評価に関する研究を行っている。SKでは純水中に溶け込んでいるラドンの娘核種であるビスマス214由来の電子が主要なバックグラウンドであると考えられている。
ラドン起源のバックグラウンドを評価するために、これまでに純水中のラドン濃度を測定する技術開発を行ってきた。本講演では、高感度ラドン検出器の開発とその応用について発表する。具体的には、検出器の較正、測定システムの評価、ラドン濃度の測定結果、及びSKの将来の展望について議論する。