J-PARC 素粒子原子核セミナー(永江 知文氏)

  • 分類 J-PARC素粒子原子核セミナー
  • 開始 2015/03/18(水)15:00
  • 終了 2015/03/18(水)16:00
  • 会場 JAEA先端基礎交流棟 3階 302号室
  • 講演タイトル S-2Sスペクトロメーターを用いたマルチ・ストレンジネス
  • 講演者 JAEA先端基礎交流棟 3階 302号室
  • 言語 日本語/Japanese
  • 連絡先 shunzo-AT-post.kek.jp
  • ウェブサイト
  • 食堂・売店 利用予定なし/0

概要

J-PARC E05実験では、(K-,K+)反応を用いてストレンジネス-2
 のバリオン多体系であるグザイ・ハイパー核の束縛状態を、エネルギー
 スペクトル上でピークとして観測することを目標としています。
 そのピーク位置から束縛エネルギーを求め、ピークのエネルギー幅から
 ΞN-ΛΛの結合の強さの情報を引き出します。この測定のため、現在、
 立体角60msr、運動量分解能5x10^-4の性能を目指すS-2Sスペクト
 ロメーターと呼ぶ新しい磁気スペクトロメーター系を建設中です。
  本セミナーでは、その建設状況とこれを使った実験
 プログラムについて紹介します。