設置・目的等

設置

平成16年4月1日

目的

我が国の加速器科学(高エネルギー加速器を用いた素粒子・原子核に関する実験的・理論的研究、生命体を含む物質の構造・機能に関する実験的・理論的 研究、並びに加速器の性能向上に関する研究及び関連する基盤技術に関する研究を指す。)の総合的発展の拠点として研究を推進し、国内外の関連分野の研究者 に対して研究の場を提供することを目的としております。
機構は、上記の目的を達成するために、大学共同利用機関としての素粒子原子核研究所及び物質構造科学研究所、並びにこれら研究所と同等な重要組織としての加速器研究施設及び共通基盤研究施設を設置し、運営しております。

素粒子原子核研究所

高エネルギー加速器による素粒子及び原子核に関する実験的研究並びにこれに関連する理論的研究を行うことを目的としております。

物質構造科学研究所

高エネルギー加速器による物質の構造及び機能に関する実験的研究並びにこれに関連する理論的研究を行うことを目的としております。

加速器研究施設

素粒子・原子核研究や物質科学研究の基幹設備となる高エネルギー加速器の研究及び陽子加速器や電子・陽電子線形加速器の運転・管理を行うことを目的としております。

共通基盤研究施設

放射線科学センター、計算科学センター、超伝導低温工学センター及び機械工学センターから構成され、機構における大型加速器を用いた研究遂行に必要な関連分野の研究及び研究支援を行うことを目的としております。

設置形態

国立大学法人法により設置される大学共同利用機関法人。

大学院教育

総合研究大学院大学との連携・協力の下に高エネルギー加速器科学研究科(加速器科学専攻、物質構造科学専攻並びに素粒子原子核専攻)に係る博士課程の教育を行います。また、国公私立大学との協定に下に大学院学生の教育を行います。

運営

機構には役員として機構長、理事及び監事が設置されております。機構長は、大学共同利用機関法人を代表し、その業務を総理します。また、重要事項を審議決定するために機構長及び理事で構成する役員会が設置されております。
法人の経営に関する重要事項を審議するために、外部有識者が過半数の経営協議会及び教育研究に関する重要事項を審議するため外部学識経験者を含む教育研究評議会が設置されております。