沿革

昭和29年
(1954)
原子核研究所設立準備委員会 発足
昭和30年
(1955)
東京大学原子核研究所設立
昭和32年
(1957)
FFサイクロトロン完成(9月)
昭和33年
(1958)
FMサイクロトロン完成(5月)
FFサイクロトロン共同利用実験開始(6月)
昭和35年
(1960)
FMサイクロトロン共同利用実験開始(10月)
昭和36年
(1961)
電子シンクロトロン(ES)750MeVまで加速に成功 (12月)
昭和38年
(1963)
ES共同利用実験開始(4月)
昭和39年
(1964)
素粒子研究所準備室設置(4月)
昭和41年
(1966)
ESエネルギー1.3GeVに
増強成功(3月)
昭和46年
(1971)
高エネルギー物理学研究所設立
昭和51年
(1976)
陽子加速器(PS)で8GeVまで加速に成功
(3月)
PSで12GeVまで加速に成功(12月)
昭和52年
(1977)
SFサイクロトロン共同利用
実験開始(12月)
PSによる共同利用実験開始(5月)
昭和53年
(1978)
東京大学理学部附属施設として
中間子科学実験施設設立
ブースター利用施設新設
放射光実験施設(PF)新設
昭和55年
(1980)
ブースター利用施設の共同利用実験開始
(7月)
昭和57年
(1982)
PFで2.5GeVの電子の蓄積に成功(3月)
昭和58年
(1983)
PFの共同利用実験開始(6月)
昭和59年
(1984)
トリスタン入射蓄積リング(AR)で
電子を6.5GeVまで加速に成功(7月)
昭和60年
(1985)
トリスタン入射蓄積リングで陽電子を
5.0GeVまで加速に成功(10月)
昭和61年
(1986)
トリスタン主リング(MR)で電子と
陽電子を25.5GeVまで加速に成功(11月)
昭和62年
(1987)
トリスタンの共同利用実験開始(5月)
昭和63年
(1988)
中間子科学実験施設は中間子
科学研究センターに改組
トリスタン超伝導加速空洞により電子と
陽電子を30GeVまで加速に成功(11月)
平成元年
(1989)
TARNII電子冷却成功(9月) 総合研究大学院大学加速器科学、
放射光科学専攻を設置
平成5年
(1993)
高分解能オンライン質量
分離器完成(3月)
平成6年
(1994)
Bファクトリー建設開始(6月)
平成7年
(1995)
トリスタンMRの運転終了(12月)
平成9年
(1997)
高エネルギー加速器研 究機構 及び 田無分室の設置(4月)
平成10年
(1998)
Bファクトリービーム蓄積に成功(12月)
平成11年
(1999)
総合研究大学院大学素粒子原子核専攻を設置(4月)
長基線ニュートリノ振動実験(K2K実験)開始(5月)
BファクトリーのBelle実験開始(6月)
平成13年
(2001)
田無分室がつくばに移転(3月)
大強度陽子加速器建設開始
平成16年
(2004)
大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構発足(4月)
K2K実験終了(11月)
平成17年
(2005)
東海キャンパスの設置(4月)
PS(12GeV)による共同利用実験終了(12月)
平成18年
(2006)
J-PARCセンターを日本原子力研究開発機構と共同で設置(2月)
ブースター利用施設の共同利用実験終了(3月)
平成19年
(2007)
J-PARC リニアック所期性能181MeVを達成(1月)
J-PARC 3GeVシンクロトロン所期性能3GeVを達成(10月)
平成20年
(2008)
小林誠特別栄誉教授(素粒子原子核研究所元所長)がノーベル物理学賞を受賞
平成21年
(2009)
日本原子力研究開発機構と共同建設のJ-PARCが完成
平成22年
(2010)
Belle実験終了(6月)
平成23年
(2011)
SuperKEKB建設開始
平成28年
(2016)
SuperKEKBプロジェクトPhase1始動